DealBook360のChartStudio(CTL)を使ったATS(自動売買)でトレードシステムを検証するFXブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tags:

別窓 | スポンサー広告
なぜMT4ではなくてDealBook360なのか
2008-05-16 Fri 08:30
確かにMetaTrader4(以下MT4)でもEAを走らせて自動売買ができます。最近ではブログランキングを見ればわかるようにMT4関連のブログも雨後の筍のように増えてきています。また、MT4は軽くて使いやすいし、自動売買のパラメータの最適化もできます。

しかし自動売買をする上でDealBook360(以下360)との最大の違いはリアル口座の違いです。MT4は海外の口座を開設しなければなりませんが、360なら日本の口座から入金できます(下の2社の入金先はともにJPモルガン・チェース銀行 東京支店)。

海外の口座を開設するのがあれこれ大変そうだから、日本でも利用者の多いAFT-FXダイレクトトレードか、サザインベストメントでFX口座を開設して自動売買を始めようと言うわけです。

前者はキャンペーンが盛んでしばしば5,000円キャッシュバックキャンペーンなどが行われています。

一方、後者は取引ツールが豊富で
◆ロブブッカー氏のトレードシグナル
◆FXコンパス(トレンドナビゲーションシステム)
◆フロンティア(通貨ポートフォリオシステム)
◆FXコンパス(トレンドナビゲーションシステム)
などが利用できます。

レバレッジ、取引手数料等には差がないので好きなほうを選べばよいと思います。→RANKING

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
スポンサーサイト

Tags: MT4 サザインベストメント AFT-FX 自動売買 口座 海外

別窓 | FX口座 | コメント:0
<<ルールはシンプルに | HOME | ADXがうまく表示できない場合>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。