DealBook360のChartStudio(CTL)を使ったATS(自動売買)でトレードシステムを検証するFXブログ。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tags:

別窓 | スポンサー広告
1時間足バックテストの結果をふりかえる
2008-06-13 Fri 23:24
プライス・チャネル 1時間足ストラテジー バックテストについてふりかえります。

取引ルールはだいたいこれを参考にしてください。
高値安値ブレイクアウトのインディケータ

まずプロフィットファクターが0.740 ということで1.00を超えていない時点で使えない。
平均ウィナー/ルーザー割合:0.86 とこれも1.00を超えていないので使えない。

両方とも2を超えているのが理想的。

1時間足はこれより長期間の足よりも上下の変動が激しいので負ける確率が高かったのでしょう。→RANKING

GFTのDealBook360で自動売買を検証しています。
口座開設はこちらから
手数料無料の外国為替保証金取引|AFT-FXダイレクトトレード
スポンサーサイト

Tags: ストラテジー バックテスト プライスチャネル

別窓 | 考察 | コメント:0
<<4時間足バックテストの結果をふりかえる | HOME | プライス・チャネル 8時間足ストラテジー バックテスト>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。